和田山竹田家具

ひと口にギャッベといっても、材料の羊毛や染色の原料の質によって、手触りや発色に大きな差があります。「アートギャッベ」は、なめらかな手ざわりでにおいもなく、デザイン性に優れたギャッベにだけ与えられる、上質な品質の証。「アートギャッベ」と呼ばれるものを選ぶことをおすすめします。

高地の羊の、なめらかな毛が原料
昼と夜の気温差が30℃近くある高地に暮らす羊の毛は、「毛足が長く、きめ細かく、脂を多く含む」上質な毛質。アートギャッベは、高地の羊の毛だけで織り上げているので、やわらかくなめらかな手ざわりです。
冬を越した羊の、ふかふかでにおいのない毛
冬を越した羊のふかふかでにおいのない毛だけで織っているので、やわらかな手ざわりが楽しめます。
草木で染めた、自然で安全な発色
何度も重ねて染めることで美しい色を出す草木染め。アートギャッベは天然の草木のみで染色。体にも安心でナチュラルな発色が楽しめます。
感性豊かなカシュガイ族の織る作品
「女性は常に美しくなくてはならない」という掟のあるカシュガイ族。その中でも特に技術と感性の高い織り手によるものがアートギャッベと呼ばれています。
目利きによる選定
アートギャッベ選定人が、優れた作品の中から、さらに品質のよいものだけを一点一点セレクト。
ギャッベには、鹿や生命の木など、自然の絵柄(モチーフ)が織り込まれているのですが、この絵柄には、子どもの健康や家族の幸せなど、織る人の願いが込められています。