新しくウォールナット材の無垢板天板が入荷いたしました!

IMG_0119.JPG
ウォールナット材3枚剥ぎ天板です。
長さも幅も十分なので、6人掛けから8人掛けのテーブルとしてお使いいただけます。
長い時間をかけて育った木ならではの、穏やかでおおらかな木目の魅力を存分にお楽しみいただける一枚です。
IMG_0117.JPG
モダンな雰囲気がうまれる独特の濃い褐色と、その中の生き生きとした木目の表情をぜひご覧くださいませ。
オイル塗装で仕上げました。時間とともにより魅力的な色合いへと変化いたします。
脚部のデザインやサイズをお選びいただけます。
木は「いきもの」ですから必ず決まって入荷する訳ではありません。それだけに、自分が探している樹種を見つけたときの喜びはひとしおです。
和田山竹田家具では、これまでにご紹介しました樹種の他にも様々な種類が入荷いたします。
時期のお約束は出来ませんが、お探しの樹種がありましたら入荷次第ご案内することもできます。
詳しくは和田山竹田家具までお気軽にお問い合わせくださいませ。

一枚板のある暮らし

IMG_3182.JPG本日、ナラの一枚板天板を使用しました、別注下駄箱を納品させていただきました!
ナラの無垢材にこだわった和モダンテイストの縦スリットデザイン!
一本、一本丁寧に組み上げた、スリットデザインの引き戸が上質でスタイリッシュなイメージを創りだします!
ナラ一枚板の楽しみ方
丸みのある木目が特長で、おおらかで雄大な印象があります。木目には、虎班杢(とらふもく/木目を横切るような帯状の杢を斑(ふ)といい、その斑が大きく虎の毛のような斑点状の模様に見えるもの)と呼ばれる独特の杢があり、表面は年月を経て、深みのある黄褐色に変化します。きめが細かくて硬いため、仕上げると、強いつやを放ち、なめらかな手触りになることから、木を扱う職人の間でも人気が高く、好んで家具製作に使う職人も多くいます。
IMG_0100.JPG
全体に統一感のある、魅力的なインテリアになりました。
一生モノの家具との出逢いをされたオーナー様、長く付き合っていきたくなるような安心感、その独特のぬくもり感、存在感と重厚感を味わっていただきたい一枚板天板の下駄箱です。
IMG_0106.JPG
お父さまが一目見てとても気に入ってくださったナラ一枚板天板。
ほかにはない存在感のある一枚板のナラ天板です。
IMG_0077.JPG
家具も経年変化を重ねることで、お部屋とともにより魅力が増していくと思います。
IMG_3161.JPG
新しい暮らしのための家具をひとつひとつ丁寧に、一緒にお考えいただき製作させていただきました。ありがとうございました。
オーナー様の細やかなお心遣いが行き届いた素敵なお住まいの一員として、末永くご愛用いただけたら幸いです。そして、お届けした家具をご覧になり、お喜びいただくことができて、とても嬉しかったです。ありがとうございました。   

一枚板のある暮らし

_MG_4227.jpg
ブビンガ一枚板を使用した、モダンな中に和のテイストを取り入れた高級感の有る空間となっております。
このブビンガのテーブル、鋸目を残した味のある仕上げとなっており、キレイなブビンガの木目がより一層引き立っています。
ブビンガは樹高が10~20mほどになるどっしりとした大径木になる木で、材質的には硬くてかなり重いという特徴を持っています。
伐採した当初はピンクに近い赤色をしていますが時間の経過とともに暗色の縞を持った、深い色調に表面の色が変色していきます。
ブビンガは高い耐摩耗性や強度を持つだけでなく、外観的にも重厚で色彩的にも独特の美しさがある為、大変、魅力的な木材だといえるでしょう。
主に家具の材料や内装材として利用され、美しい木目があるものはスライスカットし、化粧単板に加工後、使用されます。
また、ドアや床、カウンター材、ナイフの柄、銃床、小物、楽器など、美しさと耐久性の両方が必要な部分にも利用されます。

【特報】ウォールナット無垢板天板が緊急入荷致しました!

IMG_0053.JPG
本日入荷いたしました!ウォールナット無垢板の二枚剥ぎ天板です!
幅2100㎜ 奥行1100㎜ 厚み53㎜
Walnut ウォールナット
心材は褐色から紫赤色、紫黒色で一般的に色は一様でなくシマ状になり、美しい模様が見られる。 辺材は淡色。肌目は粗、木理はしばしば不規則になり、これが材面の化粧的価値を高める。 衝撃に強く強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良い。
学名Juglans nigra科目クルミ科、広葉樹産地米国、カナダ東部 蓄積は非常に少ない性質やや重硬 
気乾比重0.63
用途家具、キャビネット、楽器、化粧単板
IMG_0054.JPG
樹木はまるで小宇宙です。
幹ひとつにも柾目・節・赤太・白太とあり、驚くほど表情豊かです。
素晴らしい樹木の個性を楽しみつつ、「節」を主役とした天板づくりに挑みました。
IMG_0055.JPG
予想を超す魅力的なフォルムになりました。
ぜひとも樹木の妙を傍らに、天然木のある暮らしをお楽しみくださいませ。
IMG_0053.JPG
その魅力は樹の生命力、たくましい適応力が杢目に出ていることにある。美しい色調の変化とドラマチックな模様を生み出し、独特の深い表情となる。人の手だけでは出しえない神秘的な美しさとみなぎる樹の生命力は人々を惹きつけてやまない。
木は「いきもの」ですから必ず決まって入荷する訳ではありません。それだけに、自分が探している樹種を見つけたときの喜びはひとしおです。
和田山竹田家具では、これまでにご紹介しました樹種の他にも様々な種類が入荷いたします。
時期のお約束は出来ませんが、お探しの樹種がありましたら入荷次第ご案内することもできます。
詳しくは和田山竹田家具までお気軽にお問い合わせくださいませ。

一枚板のある暮らし

IMGP7276.jpg
先日、福井県のお客様に欅一枚板のテーブルを納品させていただきました。
コチラの欅の一枚板とハゼの根っこはお客様がお持ちだった材料を当社でデザインさせていただきました!
欅一枚板の楽しみ方
密度が高いため、硬く、重厚な木です。日本を代表する木といわれ、銘木(床柱などに用いるかたちや木目の珍しい、趣のある木材)として扱われることが多く、はっきりとした木目が特長です。筍を縦に割ったように中央が山形になった木目は「たけのこ」と呼ばれ、伸びるという意味で縁起が良いとされています。定期的なお手入れをしながら長く使い込むと、独特の赤みがかった色は深くなり、表面全体に硬質な輝きを放ちます。和のイメージが強い木ですが、実は洋風のお部屋にもよく合うので、和田山竹田家具ではモダンなダイニングテーブルとしてもお勧めしています。
IMGP7278.jpg
脚も個性的なハゼの木の根を使用した一本足!世界に二つとないデザインです!
IMGP7279.jpg
ハゼの木は、東南アジアから東アジアの温暖な地域に自生する。日本には、果実から木蝋を採取する資源作物として、江戸時代頃に琉球王国から持ち込まれ、それまで木蝋の主原料であったウルシの果実を駆逐した。古い時代には現在のヤマウルシやヤマハゼといった日本に自生するウルシ科の樹木のいくつかを、ハゼと称していた。
俳句の世界では秋に美しく紅葉するハゼノキを櫨紅葉(はぜもみじ)とよび秋の季語としている。櫨の実も秋の季語である。
IMGP7273.jpg
日本への渡来は安土桃山時代末の1591年(天正19年)に筑前の貿易商人 神屋宗湛や島井宗室らによって中国南部から種子が輸入され、当時需要が高まりつつあったろうそくの蝋を採取する目的で栽培されたのがはじまりとされる。その後江戸時代中期に入って中国から沖縄を経由して、薩摩でも栽培が本格的に広まった。薩摩藩は後に1867年(慶応3年)年のパリ万国博覧会にはこのハゼノキから採った木蝋(もくろう)を出品している。
なお今日の本州の山地に見られるハゼノキは、この蝋の採取の目的で栽培されたものの一部が野生化したものとみられている。
IMGP7271.jpg
木は「いきもの」ですから必ず決まって入荷する訳ではありません。それだけに、自分が探している樹種を見つけたときの喜びはひとしおです。
和田山竹田家具では、これまでにご紹介しました樹種の他にも様々な種類が入荷いたします。
時期のお約束は出来ませんが、お探しの樹種がありましたら入荷次第ご案内することもできます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

一枚板のある暮らし

DSC_0078.JPG
会社用ののワークデスクをお探しにご来店いただいたお客様。
出逢いは突然に!
ごくまれに心に突き刺さる「モノ」に出逢うことがある。その出逢いについて「ビビッ!」とキター!などと表現する人も少なくない。ある日、店頭のドリンクコーナーでまさにそんな感情を奧さまのこころに巻き起こした!その一枚板の波打つ木目や、やわらかな黄色に変化するグラデーション、一枚板の魅力に取りつかれたのは確かだった・・・。
DSC06676.JPG
その魅力は樹の生命力、たくましい適応力が杢目に出ていることにある。美しい色調の変化とドラマチックな模様を生み出し、独特の深い表情となる。人の手だけでは出しえない神秘的な美しさとみなぎる樹の生命力は人々を惹きつけてやまない。
DSC06654.JPG
脚は、栃一枚板のボリュームに負けない欅の無垢材を贅沢に使用いたしました。
DSC06653.JPG
DSC_0084.JPG
【とち一枚板の楽しみ方】
杢(もく/木目の文様のことで特に装飾性の高い美しいもの)が出やすく、「ちぢみ杢」と呼ばれるさざ波模様の美しい文様や表情豊かな木目が特長です。目が細かく、絹のような輝きを放ちます。比較的やわらかい木で、しっとりした温かみのある感触を持ちます。定期的なお手入れをしながら長く使い込むと、とろっとした質感の、べっ甲のような琥珀色になるので、その変化を楽しんでいただきたいです。

一枚板のある暮らし

DSC06544.JPG
ベイマツの一枚板で制作しましたダイニングテーブルを納品して参りました!
長い時を経た材は一枚板として生まれ変わり、見ているだけでココロ安らぐ、不思議な魅力があります!
DSC06543.JPG
脚はケヤキの自然木、耳のこぶなどもデザインとしてそのまま生かしました!
DSC06539.JPG
DSC06538.JPG
ベイマツは北中米の太平洋側が産地。硬くて耐久性があるため、橋などにも使われています。また、木目が美しいのも特徴です!
DSC06547.JPG
一枚板を見ているとほっとします。時を経たものたちと心地よく過ごすのは、ほんと豊かな時間が流れますネ。200年生きてきた木が家の中にあるだけで、自然に守られているような安心感があります。そんな一枚板には知らず知らずに家族が集まってくるものです。
DSC06549.JPG
こちらは玄関に取り付けさせていただいた、別注ポストです!
以前からお宅にあったかのような佇まいです!

【特報】ウォールナット一枚板天板が緊急入荷致しました!

ウォールナット一枚板200.png
木目が美しく日本でも今、最も人気の樹種ウォールナット!なかなか一枚板でお目にかかることはございません。希少価値の高いチーク・マホガニーと並ぶ世界3大銘木の一つです!美しい杢、やさしい木肌、贅沢な奥行といい厚みといい申し分のない無垢板です!
心材は褐色から紫赤色、紫黒色で、一般的に色は一様でなくシマ状になり、美しい模様が見られる。
辺材は淡色。肌目は粗、木理はしばしば不規則になり、これが材面の化粧的価値を高める。衝撃に強く強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良い。
その魅力は樹の生命力、たくましい適応力が杢目に出ていることにある。美しい色調の変化とドラマチックな模様を生み出し、独特の深い表情となる。人の手だけでは出しえない神秘的な美しさとみなぎる樹の生命力は人々を惹きつけてやまない。
木は「いきもの」ですから必ず決まって入荷する訳ではありません。それだけに、自分が探している樹種を見つけたときの喜びはひとしおです。
和田山竹田家具では、これまでにご紹介しました樹種の他にも様々な種類が入荷いたします。
時期のお約束は出来ませんが、お探しの樹種がありましたら入荷次第ご案内することもできます。
詳しくは和田山竹田家具までお気軽にお問い合わせくださいませ。

一枚板のある暮らし

DSC06408.JPG
肥松(こえまつ)の一枚板テーブルを納品させていただきました。
新しいお住まいへ移られるタイミングで、存在感を感じられる厚みなど、お客さまのご希望にあう一枚をお選びいただくことができました。
DSC06415.JPG
樹齢300年以上の松材の中心部を香川県では肥松といいます。
讃岐の山野・瀬戸内海岸での気候風土の性で木目の美しい瀬戸内特有の銘木が生まれ育ちます。
しかし、近年では病虫害によってことごとく枯死し、300年代の古木は数える程になってしまいました。
肥松(こえまつ)は脂分が多い樹種のため、20年以上の歳月をかけて自然乾燥させて造った貴重な素材です。また、経年変化で落ち着いてくると何ともいえない飴色になるといわれ、磨いて使い込み美しい光沢をお楽しみいただける木肌のよい素材です。
DSC06413.JPG
木の魅力がそのまま活きるオイル仕上げ。一般的なニス仕上げと比べ、時々オイルを塗ったりなど少し手間はかかりますが、木そのものの質感がダイレクトに味わえる手触りと、日々使い込んでいくうちに、独特の「艶」と深い「色味」に「育つ」のも魅力です。
脚は、高さをハイテーブル用、ローテーブル用の二通りに変えて使えるフレキシブルタイプをお選びいただきました!お使いになるシーンによってコーディネートをお楽しみくださいませ。
DSC06414.JPG
お部屋の雰囲気とも調和のとれたダイニングテーブルになりました。
食事以外にも、ご家族が自然とテーブルに集まってきて、それぞれが好きなことをして過ごしている時間がサイコーの癒しになることでしょう!
一枚板ならではの肌触りなどお楽しみいただきながら、どうぞ末永くご愛用くださいませ。ありがとうございました。
世界に一枚の無垢天板との出逢いは一期一会。店頭や工房にはないサイズや樹種についても、お気軽にお問い合わせくださいませ。できる限りご希望にあうものをご紹介させていただきます。
 
天板探しは時間も労力もかかりますが、ぜひ幅広くいろいろな天板をご覧になってみてくださいませ。きっとお気に入りが見つかると思います。末永くご愛用いただくためにも、特別な一枚を見つけていただければと思います。

一枚板のある暮らし

ケヤキの一枚板を使用した別注下駄箱を納品して参りました!
IMG_2833.JPG
和モダンな表情を見せる引き戸の建具!
DSC06353.JPG
密度が高く、硬い重厚な木です。日本を代表する木といわれ、銘木(床柱などに用いるかたちや木目の珍しい、趣のある木材)として扱われることが多く、はっきりとした美しい木目が特長です。筍を縦に割ったように中央が山形になった木目は「たけのこ」と呼ばれ、伸びるという意味から縁起が良いとされて看板等に用いられます。定期的なお手入れをしながら長く使い込むと、独特の赤みがかった色は深くなり、表面全体に硬質な輝きを放ちます。
DSC06358.JPG
ケヤキの一枚板が重厚感たっぷりですね!
DSC06365.JPG
スリッパラックもデザインされています!
DSC06359.JPG
DSC06360.JPG
DSC06361.JPG
和のイメージが強い木ですが、実は洋風のお部屋にもよく合うので、和田山竹田家具ではモダンなダイニングテーブルとしてもお勧めしています。
DSC06353.JPG
ケヤキ一枚板のお勧め天板は店舗工房に在庫がございます。
どうぞお気軽にスタッフまでお問合せくださいませ。